夜は自己嫌悪で忙しい。

理由のない事に対して本気で悩んでバカみたい。

もう終わった過去の事について悩んだり、今考えたって仕方の無い将来の事、自分のビジュアル、友達、仕事、恋愛、家族。

もう頭が痛い。

 

こんなくだらないことで悩んでる自分も嫌い。

 

都合の良い優しさと、相手を想った本当の優しさの違いってなんだと思います?

とても難しいですよね。

 

でも"都合の良い女"ってよく聞く言葉じゃないですか。私よく言われるんですよ。都合の良い女だねって。うるせぇよ。

17歳の私。7歳年上の彼。

彼にはきっと他に女が居たんでしょう。

 

私今でも鮮明に覚えてます。

あの時殴られた痛み。何も出来ない悔しさ。裏切られた悲しさ。死を覚悟した諦め。

貴方は覚えてますか?

 

今でも気になるんです。

どういう気持ちで私にDVしてた?本当に私の事を愛してた?すぐ別れ話をするのはなぜ?どうして中途半端に私の事を愛してたの?

 

別れ際に聞きました。答えてはくれませんでした。

嘘が下手くそなのにすぐ嘘をつく。嘘がバレそうになると私に逆切れ。最終的には私が泣いて謝る。何も悪くない私がどうして謝っているのでしょうか?不思議ですよね。

 

でも本当に不思議なのは「彼は私を殴る事を望んでいるならもう殴られてもいい。」と思っていた事と、私自身これがDVだと言うことに気づいてなかった事。

 

元々SMが好きだった彼。その行為は日に日に派手になってました。だから私DVじゃなくてずっとSMだと思ってたんですよね。馬鹿じゃないの?って思うかもしれないけど、これは良くある話しみたい。怖い。苦しかった。

でも最後には「彼女にこんな事が出来る優越感がたまらない」と笑顔で頭を撫でてくれるのが最高に嬉しかった。今思うと頭逝ってますね。

 

コレが"歪んだ恋愛"という奴ですかね。

それに途中までお互い依存し合ってた感じだったんですけど途中で他に女が出来たんでしょうね。付き合ってたラスト4ヶ月は会えなかったし、声すら聞けてませんでした。意外とあっさり終わりました。

そこに対して怒りを感じますけど、彼から離れられたのはきっとそれのおかげ。だから結果これで良かったのかもしれません。